2010年8月23日月曜日

ソーシャル消費の時代 2015年のビジネスモデル 上条典夫

2015年、消費者の購買行動や、ライフスタイルはどう変化していくのかを考察した一冊。

エコ、育児パパ、孤食、ソーシャルサービスによる繋がり、2015年には社会人になるであろう人達を十二分に考察している。

従来の価値観では説明できない年代で、生まれた状態で既に、デジタル機器に囲まれる生活。
デジタルネイティブだとか、そういった言葉が飛び交っているが、正にこの世代から日本のネットを変える事を、より発展させていくことが期待される。

SOHOの普及により、マイクロビジネスや、ノマドの増加、モバイル・放送通信の進化など、流石電通様、といった所で、丁寧に説明してくれている。

また途中途中にコラムも挟み、小休止させてくれる。内容としては、年代的に40~50代の方に向けたものなのか、エピソードがぴんとこなかったものも多かった。

しかし、文中の分析は、とても勉強になり、下の世代がどう分析され、どういった実態を持っているのか、の示唆を貰えたし、今後、どういったマーケット変化がされていくのか、学びを得ることが出来た。